2016年上半期のまとめ、タイの生活編

2016年上半期のまとめ、タイの生活編

2016年の上半期について、自分史であったことをまとめます。

昨年の2015年8月にタイへ移住し、こちらでの生活も11ヶ月目。
Omise Co., Ltd.へ勤めてからは早くも9ヶ月が過ぎました。

仕事と生活の別視点で、これまでにあったことの一部分をまとめておきたいと思います。

タイ バンコクでの生活

タイへは移住前からなんども来たことがあり、タイの食事も習慣にも慣れており、住むのも大丈夫だよなって思っていました。

そう、移住する前はね!

移住して住み始めてから、遭遇したこと、わかったことなど一部をまとめてみます。

不衛生なタイ料理、フルーツで急性食中毒で死にそうになった

移住して数日後に妻の実家へ帰った時の話です。
お昼にバミーヘンの美味しい店があるからと言われ、母と妻と3人で実家から近所のバミー屋さんへ行きました。
ここのお店は、木製の箸があり、まぁ、見事にコーティングはすべて剥がれて年季のある箸だったんです。この時点で、私は食事を諦めれば良かったんですが、過去にタイ料理で腹を下したことがなかったのと、美味しいと言われて連れてこられたので断る気持ちを飲み込んでしまったんです。数分後、運ばれて来たバミーヘンには砂糖が盛られ、、、僕は甘い麺は食べないのですが、メンツを汚すまいと我慢して、我慢して、本当に我慢して口にしたんです。。。クッソ甘くて吐き気が催しましたが、我慢して食べたんです。幸いにも量が少なかったので食べきれましたが、次回は誘われても断ろうと思いました。

その後、母が市場で果物を買うというので行きつけの青果店へいったところ、ソムオー(ポメロ)と言う柑橘系のずっしりとした果物がありました。ソムオーのことをタイ国政府のイベントなどで聞いたことがあり、今まで食べたことがなかったので一つ購入し、先ほど食べたバミーヘンの余韻を消すがごとくその場で皮を剥いでもらい食べました。

買い物が終わり実家へ着くと、急激な目眩と吐き気に襲われ、気力を上げ払拭しようと試みました。
いつも吐き気がした時は気力を高めることで制することができるのですが、この日は何かがおかしい。。

胃腸の中で急激に何かが起こっており、腹が急激に膨らみ始め、時間を置くたびにどうあがいてもこらえきれない吐き気と腹痛に冷や汗が止まらなくなりました。お昼の食後2時間が経過した時、我慢ができずトイレに駆け込むと胃の中身をすべて吐き出すほどの嘔吐と、腸の中をすべて掻き出すかのごとくの水の便に合間見られ、衝動的に食中毒だと認識しました。

その後1時間ほど、トイレに入り浸りになり、胃腸の中身がほとんど排出されると、急激な寒気と目眩にさらされ、さらには体力が浪費されたためまともに歩けなくなり、すぐさま実家裏にある大きな病院へ行きました。地方の病院で日曜だったこともあり、担当医が不在であり、症状と経過を伝え、とりあえずの点滴を2時間ほど受け実家へ戻りました。

夜になると、目眩と腹痛がさらにひどくなり、耐えきれなくなったので、急いでバンコクへ戻ることになりました。

車で3時間、夜なので渋滞もなくバンコクへ戻りましたが、移動中も体力がなさすぎて、道路の凹凸での衝撃も辛かった。。。限界ギリギリでバンコク病院へ到着し、血液採取と症状の確認を行いすぐさま点滴をして入院、この時、すでに意識はなく死んだと思ってた。翌日医師からは、急性食中毒だと告知されました。

通常の食中毒より過激な症状でしたが、この問題は「ソムオー(ポメロ)」にありました。
ソムオーは消化を促す作用が強く、タイ人でも下痢になる人が多いため、一般的には敬遠されがちの果物だそうなんです。 そして、ソムオーは採取後しばらく店頭に並ぶため、食したソムオーが傷んでいたのではないかという見解にいたり、これが症状を悪化させた問題だと今回は位置づけられました。

わずか200バーツでの食事で、50,000バーツの医療・入院費がかかり、3日間ほど動けなくなりました。
この時は、海外旅行保険があったのが不幸中の幸い。

ソムオー、食べないほうがいい、あと不衛生なお店での食事もね!

シャワーの水の出方が悪い

自宅のコンドミニアムでの話なのですが、タイでは電気温水シャワーが普及しています。
割と快適な温度で温水が出るシャワーなので重宝するのですが、タイのシャワーは水圧や水の飛び方が悪く、周辺に飛散するような作りになっています。

移住してから数日の間は、まぁ我慢できたのですが、水圧も弱く、水の飛び方の問題で、日本のようなシャワーしている気分にもなれず問題解決をすることにしました。

そう、シャワーヘッドを変えればいいのさ!

ということで、定番のHOME PROへシャワーヘッドを探しに行きました。
いざシャワーヘッドを見渡すと、どれもこれもヘッド部分が大きく水圧が弱く出るような作りになっています。とりあえず店頭で幾つか気になるものをシャワーにつなげて実演してもらいましたが、正直あまり良さそうなのはなく、その中から一番良さそうなのを試しに買って帰りました。

帰宅後早速シャワーヘッドを付け替えると。。。。水の飛び方はよくなりましたが、水圧が弱い。。。

もう無理だと思い、Amazonで低水圧シャワーヘッドを注文しようとするも、書籍やDVDなど以外はタイへ送れませんと言われ。。。
Amazonが使えないことに驚愕してもしょうがないので、せっかくなので楽天で注文しました。

楽天は海外配送も一部加盟店で行っているので、タイへも送ってくれるんですよ! しかもAmazonより安く500円弱で目的のシャワーヘッドを購入し、わずか900円で注文後5日程度で届きました。

このシャワーヘッドには、シャワー接続部のアダプタが数種類ついており、付け替え先のスクリューサイズに合わせることができるんです。うちのコンドミニアムの温水シャワーの場合、アダプタをつけずに取り替えができました。

低水圧シャワーヘッドへ付け替えると、なんと水圧も上がり日本のシャワーの感覚に近づき満足できるシャワーになりました。

本当、日本製品のクオリティが諸外国(タイだけど)と比べると非常に高いことを実感。

タイのシャワーは水圧とか水の飛び方が残念で、シャワーを浴びている感じがしません。これからタイへ移住をお考えの方は日本から低水圧シャワーヘッドを持ってくるといいと思いますよ。タイでは今の所、ツルハドラッグでそれっぽいものを1,800バーツで見かけましたが、高いので試したことがなく。。。

タイ人が頑なに病院へいかないので、悪化した菌に感染し救急車で運ばれる

はい、このタイ人とは。。。うちの妻です! 今年の3月に妻が鼻風邪をこじらせたのがすべての始まり。

症状が悪化しても、病院へ連れて行こうとしても頑なに断られ続け、部屋中に妻のくしゃみや鼻洗浄機による散布した何かに汚染され続けました。

タイでは日本のマツキヨなどに売っているアルコールの除菌スプレーが売っていないので、青い小瓶のアルコールスプレーで蛇口や手が主に触れるところは除菌をしていました。だけれども、だけれども。。。散布しているので部屋中にウイルスが潜んでおり、私は妻が病院へ行かずに2週間鼻風邪を巻き散らかされた挙句、42度を超える高熱に合間見られ動けなくなり、残る力を振り絞って声をだし、無事に救急隊員がかけついてくれ、人生初の救急車に乗りバンコク病院へ直行してそのまま2日間入院することになりました。

退院後も自宅へ戻ると再度症状が悪化し、再度入院することになりました。。。とほほ。。。

入院中、うちの妻へは適度に換気をすること、家の中のいたるところを殺菌することを依頼し、2回目の退院後は自宅へ戻っても平気でしたのでよかった。ちなみに今回の血液検査の一部パラメーターは、前回の急性食中毒時の2倍ほど高い数値で、ハイレベルなウイルスとの攻防戦が繰り広げられていたようです。

これがもとで、タイ人の妻には消毒が重要なことや家族との生活で気をつけることの大切な部分を学んでもらえたと思うのでよしとしましたが。。。 今回の2回に渡る入院費は65,000バーツを超え、すべて実費。おいおい、MacBook ProとiPhone買えちゃう値段だよ。

あと、救急車は15,000バーツで病院到着後にクレジットカードで即時決済を求められました。

タイの医療費高いよねー、というのを再認識。

タイでは、勤め先の会社が必ずしも医療保険を出してくれるとも限らないので、病気がちの人は自分でAIAのプランを申し込んでおくといいと思います。

タイ料理に飽き、日本食が恋しくなる

タイへ移住する人は「タイ料理が好きで毎日食べられる。」と言う方が多いと思います。
私もはじめはそうでしたよ、カオニャオとガイヤーン、ソムタムが最高に美味しいし日本食いらないってね。

しばらくタイで生活をすると、日本のお米が恋しくなります。
日本のラーメンが恋しくなります。
日本の魚が恋しくなります。
日本の焼肉が恋しくなります。

バンコクだとトンロー近辺には美味しい日本食が多いので、少し割高ですが一時しのぎにはなります。

日本風の焼肉については、日本の肉と比較するとすべてが質が悪く見えるのでタイでは高いお金を出して食べない方がいいと思います。※衛生的にもちょっとやばい感じの時もあったので。

バンコクにあるラーメン屋は、日本人に評判の良く評価の数が多いお店は美味しいです。逆にレビューがなかったり、中途半端なレビューのお店はまずいので注意が必要。

魚は、、、本物すしや笹谷などでは美味しい魚が食べられますが、お値段びっくりなので頻繁には食べられません。

バンコクでの日本食のお弁当は、桜健康ハウスが平日に日替わりデリバリーで活躍しており、リピートさせていただいています。お米がすごく美味しいの。。。タイ米を食べてから日本米を食べると、日本米の粒立ち、食感的には粘りがあり、甘みを感じることができ胃袋が歓喜を起こします。

タイへ移住して、改めて郷土の味の大切さがわかりました。

タイ バンコクのOmise Co., Ltd.での仕事

Omise Co., Ltd.へ勤めて9ヶ月が経過しました!
幾つか書こうと思いましたが、きっと書かない方がいいのだと思うので書くのを諦めました。

タイのスタートアップITの働き方について聞きたいことがある場合、SNSかメールなどでご質問いただければ個別にお答えします。

タイの生活の記事一覧